特集

木版口絵

口絵とは、本のはじめに入れられる彩色画で、フロンティスピース(扉絵)とも呼ばれます。木版、銅版、コロタイプなど様々な技法のものがありますが、特に美術的評価が高いのが、錦絵の技術を受け継ぎ、明治時代に入って書かれた小説本などに入れられた木版口絵(多色摺)です。江戸時代までの絵草子に慣れ親しんでいた大衆にとって、文字だけの近代文学は敷居の高いものでしたが、小説の登場人物が描かれた口絵は読解の助けとなり、近代文学普及に大きな役割を果たしました。主な作家は、鏑木清方尾形月耕梶田半古武内桂舟など。

表示順 [  新着順  |  価格の安い順  |  価格の高い順  ]
在庫有のみ  |  すべて  ]

武内桂舟「木版口絵」

木版 22×29.3cm(シートサイズ) 1枚 
明治30年(1897)
SOLD

水野年方「木版口絵」

木版 22×29.2cm(シートサイズ) 1枚 
明治30年(1897)
SOLD

梶田半古「木版口絵」

木版 22.1×29.5cm(シートサイズ) 
明治39年(1906)
SOLD

武内桂舟「木版口絵」

木版 29.5×22.2cm(シートサイズ) 1枚 
明治41年(1908)
SOLD

水野年方「木版口絵」

木版 29.3×22.1cm 1枚 
明治37年(1904)
SOLD

武内桂舟「木版口絵」

木版 29.2×22cm(シートサイズ) 1枚 
明治44年(1911)
SOLD

武内桂舟「木版口絵」

木版 29.1×22cm(シートサイズ) 1枚 
明治36年(1903)
SOLD

武内桂舟「木版口絵」

木版 29.3×21.4cm(シートサイズ) 1枚 
明治45年(1912)
SOLD

梶田半古「木版口絵」

木版 29.1×21.9cm (イメージサイズ) 1枚 
明治37年(1904)
SOLD

武内桂舟「木版口絵」

木版 29.3×22cm(シートサイズ) 1枚 
明治42年(1909)
SOLD

寺崎広業「木版口絵」

木版 29.2×21.9cm(シートサイズ) 1枚 
明治39年(1906)
SOLD

武内桂舟「木版口絵」

木版 22×29.3cm(シートサイズ) 1枚 
明治30年(1897)
SOLD

水野年方「木版口絵」

木版 22.2×28cm(シートサイズ) 1枚 
明治28年(1895)
SOLD

寺崎広業「木版口絵」

木版 22×29.1cm(シートサイズ) 1枚 
明治30年(1897)
SOLD

水野年方「木版口絵」

木版 22×28.4cm(シートサイズ) 1枚 
明治32年(1899)
SOLD

筒井年峰「木版口絵」

木版 21.6×29.3cm(シートサイズ) 1枚 
明治40年(1907)
SOLD

渡辺省亭「木版口絵」

木版 22.1×29.5cm(シートサイズ) 1枚 
明治28年(1895)
SOLD

三島蕉窓「木版口絵」

木版 29.3×21.9cm(シートサイズ) 1枚 
明治40年(1907)
SOLD

水野年方「木版口絵」

木版 29.3×22cm(シートサイズ) 1枚 
明治31年(1898)
SOLD

武内桂舟「木版口絵」

木版 29.4×22cm(シートサイズ) 1枚 
明治40年(1907)
SOLD

水野年方「木版口絵」

木版 22.1×29.3cm 1枚 
明治35年(1902)
SOLD

鈴木華邨「木版口絵」

木版 29.3×22.1cm(シートサイズ) 1枚 
明治41年(1908)
SOLD

梶田半古「木版口絵」

木版 29.2×22cm 1枚 
明治37年(1904)
SOLD

三島蕉窓「木版口絵」

木版 22.3×28.4m(シートサイズ) 1枚 
明治28年(1895)
SOLD

水野年方「木版口絵」

木版 22×29cm(シートサイズ) 1枚 
明治36年(1903)
SOLD