特集

民藝

大正14年(1925)、それまで重要視されることのなかった、日々の暮らしの中で使われる日用品に美的価値を見出した柳宗悦(1889-1961)が、無名の職人たちによる工芸品を「民藝」(民衆的工芸)という新しい造語で名付けました。その翌年、日本民藝美術館設立趣意書が発表され、河井寛次郎、濱田庄司、富本憲吉らと共に、民藝品の中にある、生活に根ざした健全な美(用の美)を訴える”民藝運動”が展開されていきます。各地にある民藝品の調査、収集を通じ、急速な近代化の流れの中で失われつつあった、伝統的な手仕事の文化や技術の復興・再評価が行われる中で、日本人の生活の豊かさそのものが追求されていきました。昭和6年(1931)雑誌『工藝』が創刊され、昭和9年(1934)に日本民藝協会が発足、そして昭和11年(1936)には日本民藝館が完成し、民藝運動はその規模を拡大していきました。運動の中心的役割を担った柳宗悦、河井寛次郎、濱田庄司、バーナード・リーチ芹沢銈介棟方志功黒田辰秋などの作品や、機関紙『工藝』をはじめとする関連書籍を集めました。

表示順 [  新着順  |  価格の安い順  |  価格の高い順  ]
在庫有のみ  |  すべて  ]
オススメ

芹沢銈介「小川紙漉村六曲屏風」

型染め 72.5×210cm(作品サイズ) 六曲一隻 
昭和35年頃(c1960)
※価格はお問い合わせください

民藝運動機関誌 工藝 第4号

聚樂社  昭和6年(1931)  63頁 
¥5,000

民藝運動機関誌 工藝 第2号

聚樂社  昭和6年(1931)  66頁 
SOLD OUT

民藝運動機関誌 工藝 第12号

聚樂社  昭和6年(1931)  69頁 
¥5,500

民藝運動機関誌 工藝 第36号

聚樂社  昭和8年(1933)  69頁 
¥6,000

民藝運動機関誌 工藝 第35号

聚樂社  昭和8年(1933)  75頁 
¥5,000

民藝運動機関誌 工藝 第34号

聚樂社  昭和8年(1933)  80頁 
SOLD OUT

民藝運動機関誌 工藝 第33号

聚樂社  昭和8年(1933)  67頁 
¥4,500

民藝運動機関誌 工藝 第32号

聚樂社  昭和8年(1933)  63頁 
¥5,000

民藝運動機関誌 工藝 第31号

聚樂社  昭和8年(1933)  80頁 
¥4,000

民藝運動機関誌 工藝 第30号

聚樂社  昭和8年(1933)  66頁 
¥4,000

民藝運動機関誌 工藝 第27号

聚樂社  昭和8年(1933)  65頁 
¥5,000

民藝運動機関誌 工藝 第26号

聚樂社  昭和8年(1933)  78頁 
¥5,000

民藝運動機関誌 工藝 第25号

聚樂社  昭和8年(1933)  84頁 
¥6,500

民藝運動機関誌 工藝 第24号

聚樂社  昭和7年(1932)  71頁 
¥7,000

民藝運動機関誌 工藝 第22号

聚樂社  昭和7年(1932)  44頁 
¥5,000

民藝運動機関誌 工藝 第20号

聚樂社  昭和7年(1932)  73頁 
¥4,000

民藝運動機関誌 工藝 第19号

聚樂社  昭和7年(1932)  63頁 
¥4,000

民藝運動機関誌 工藝 第18号

聚樂社  昭和7年(1932)  71頁 
¥5,000

民藝運動機関誌 工藝 第17号

聚樂社  昭和7年(1932)  72頁 
¥5,000

民藝運動機関誌 工藝 第16号

聚樂社  昭和7年(1932)  83頁 
¥5,000

民藝運動機関誌 工藝 第15号

聚樂社  昭和6年(1931)  76頁 
¥5,000

芹沢銈介「法然上人頭光踏蓮の御影」

型染め 手彩 40.5×54cm(シートサイズ) 1枚 
昭和49年(1974)
SOLD OUT

芹沢銈介「型染カレンダー 1996」

型染め 約37.5×28.5cm(各シートサイズ) 1組 
平成8年(1996)
¥4,000

芹沢銈介「型染カレンダー 1992」

型染め 約37.5×28.5cm(各シートサイズ) 1組 
平成4年(1992)
SOLD OUT