特集

民藝

大正14年(1925)、それまで重要視されることのなかった、日々の暮らしの中で使われる日用品に美的価値を見出した柳宗悦(1889-1961)が、無名の職人たちによる工芸品を「民藝」(民衆的工芸)という新しい造語で名付けました。その翌年、日本民藝美術館設立趣意書が発表され、河井寛次郎、濱田庄司、富本憲吉らと共に、民藝品の中にある、生活に根ざした健全な美(用の美)を訴える”民藝運動”が展開されていきます。各地にある民藝品の調査、収集を通じ、急速な近代化の流れの中で失われつつあった、伝統的な手仕事の文化や技術の復興・再評価が行われる中で、日本人の生活の豊かさそのものが追求されていきました。昭和6年(1931)雑誌『工藝』が創刊され、昭和9年(1934)に日本民藝協会が発足、そして昭和11年(1936)には日本民藝館が完成し、民藝運動はその規模を拡大していきました。運動の中心的役割を担った柳宗悦、河井寛次郎、濱田庄司、バーナード・リーチ芹沢銈介棟方志功黒田辰秋などの作品や、機関紙『工藝』をはじめとする関連書籍を集めました。

表示順 [  新着順  |  価格の安い順  |  価格の高い順  ]
在庫有のみ  |  すべて  ]

民藝運動機関誌 工藝 第10号

聚樂社  昭和6年(1931)  94頁 
SOLD OUT

民藝運動機関誌 工藝 第9号

聚樂社  昭和6年(1931)  71頁 
¥4,000

民藝運動機関誌 工藝 第8号

聚樂社  昭和6年(1931)  73頁 
SOLD OUT

民藝運動機関誌 工藝 第7号

聚樂社  昭和6年(1931)  59頁 
¥6,000

民藝運動機関誌 工藝 第6号

聚樂社  昭和6年(1931)  66頁 
¥6,000

民藝運動機関誌 工藝 第5号

聚樂社  昭和6年(1931)  61頁 
¥5,000

民藝運動機関誌 工藝 第29号

聚樂社  昭和8年(1933)  120頁 
¥4,000

オススメ

芹沢銈介「小川紙漉村六曲屏風」

型染め 72.5×210cm(作品サイズ) 六曲一隻 
昭和35年頃(c1960)
※価格はお問い合わせください

民藝運動機関誌 工藝 第4号

聚樂社  昭和6年(1931)  63頁 
SOLD OUT

民藝運動機関誌 工藝 第2号

聚樂社  昭和6年(1931)  66頁 
SOLD OUT

民藝運動機関誌 工藝 第12号

聚樂社  昭和6年(1931)  69頁 
SOLD OUT

民藝運動機関誌 工藝 第36号

聚樂社  昭和8年(1933)  69頁 
¥6,000

民藝運動機関誌 工藝 第35号

聚樂社  昭和8年(1933)  75頁 
¥5,000

民藝運動機関誌 工藝 第34号

聚樂社  昭和8年(1933)  80頁 
SOLD OUT

民藝運動機関誌 工藝 第33号

聚樂社  昭和8年(1933)  67頁 
¥4,500

民藝運動機関誌 工藝 第32号

聚樂社  昭和8年(1933)  63頁 
¥5,000

民藝運動機関誌 工藝 第31号

聚樂社  昭和8年(1933)  80頁 
¥4,000

民藝運動機関誌 工藝 第30号

聚樂社  昭和8年(1933)  66頁 
SOLD OUT

民藝運動機関誌 工藝 第27号

聚樂社  昭和8年(1933)  65頁 
¥5,000

民藝運動機関誌 工藝 第26号

聚樂社  昭和8年(1933)  78頁 
¥5,000

民藝運動機関誌 工藝 第25号

聚樂社  昭和8年(1933)  84頁 
¥6,500

民藝運動機関誌 工藝 第24号

聚樂社  昭和7年(1932)  71頁 
SOLD OUT

民藝運動機関誌 工藝 第22号

聚樂社  昭和7年(1932)  44頁 
¥5,000

民藝運動機関誌 工藝 第20号

聚樂社  昭和7年(1932)  73頁 
¥4,000

民藝運動機関誌 工藝 第19号

聚樂社  昭和7年(1932)  63頁 
¥4,000