特集

“現代の写楽” 弦屋光溪

1978年より22年間に渡り歌舞伎座で役者絵シリーズを手掛けた版画家・弦屋光溪。精緻な技術と大胆な構成の自画・自刻・自摺による木版画は、国内外で高い評価を得ています。役者絵から猫三連作、「アルチンボルドに捧ぐ五題」、最新作「万歳浮世絵派五姿」までの木版画に加え、関連書籍を集めました。

表示順 [  新着順  |  価格の安い順  |  価格の高い順  ]
在庫有のみ  |  すべて  ]
オススメ

弦屋光溪「『鎌倉三代記』より十二世市川團十郎の佐々木高綱」

木版 雲母摺 雁皮紙 37.5×22.5cm(シートサイズ) 1枚 
平成8年(1996)
SOLD OUT

オススメ

弦屋光溪「『勧進帳』より十二世市川團十郎の武蔵坊弁慶」

木版 雁皮紙 40×26cm(シートサイズ) 1枚 
平成5年(1993)
SOLD OUT

オススメ

弦屋光溪「『車引』より十二世市川團十郎の梅王丸」

木版 雁皮紙 39×24cm(シートサイズ) 1面 
昭和63年(1988)
SOLD OUT

オススメ

弦屋光溪「『解脱』より十二世市川團十郎の悪七兵衛景清」

木版 雁皮紙 38.5×24.5cm(シートサイズ) 1面 
平成4年(1992)
SOLD OUT

弦屋光溪 全木版画 1978-2000

平木浮世絵美術館  平成12年(2000) 
¥2,400

弦屋光溪木版画集

松屋銀座美術部  平成4年(1992)  64頁 
¥840

中澤弘光研究 本からの検証

三井光溪編
平成18年(2006)  74頁 
¥2,000