美術作品 Fine-arts works

橘小夢 Tachibana Sayume

橘小夢

明治25年<1892>-昭和45年<1970> 秋田県出身
画家。心臓疾患を抱えていたため生まれた時から病弱でした。1908年、16歳の時に上京。白馬会研究会にて洋画を学んだ後、川端画学校にて日本画を学びます。その後『淑女画報』や『女学世界』などの女性雑誌でコマ絵や読み物を執筆。徐々に活動の幅は広がり、岡本綺堂の『半七獲物帳』の装幀や、中村吉右衛門の個人雑誌『揚幕』に絵を描くなど、芝居関係の仕事にも取り組んでいきました。1918年頃になると、詩人・山内久太郎を中心に小夢を支援する会が発足。画壇から距離をとっていた小夢にとって日本画の仕事を続けるための支えとなります。大正末から昭和初期にかけては出版業界の活発な動きに乗り、『婦人』『文芸俱楽部』などの雑誌や、矢田挿雲の作品など多くの挿絵を執筆。その後版画の自費出版を始めますが、第1回の「水魔」が発売禁止に。軍国主義的風潮が強まる中で妖しい画風はよろしくないとされたのです。画材の欠乏も相まって絵を描き続けることが難しくなり、舞踊詞や舞台衣装のデザインなど芝居関連の仕事に取り組みますが、戦争が終わると子供たちの形見として再び絵を描き始めました。代表作のひとつである屏風「地獄太夫」はこの時期に描かれています。画壇から距離を取り、関東大震災の際には多くの作品が焼失してしまった小夢。「幻の画家」とされていましたが、2015年に展覧会が開かれるなど、徐々にその全貌は明らかになりつつあります。

新着順  |  価格の安い順  |  価格の高い順  ]
在庫有のみ  |  すべて  ]
オススメ

橘小夢「肉筆画幅 地獄太夫」

絹本 彩色 59×41.5cm(イメージサイズ) / 150.5×62.5cm(軸サイズ) 1幅 
SOLD

橘小夢「自筆色紙 雪」

紙本 彩色 1枚 
SOLD

橘小夢「肉筆画」

紙本 彩色 30.5×18.2cm(イメージサイズ) 1枚 
大正14年(1925)
SOLD

橘小夢「肉筆画」

紙本 彩色 28×38cm(シートサイズ) 1枚 
SOLD

橘小夢「肉筆画色紙 夜華異相画撰 蛇性の婬」

紙本 彩色 40.5×27cm(シートサイズ) 1枚 
SOLD

橘小夢「肉筆画幅 蝙蝠安とお富」

紙 彩色 124×32cm 1組(双幅) 
SOLD

橘小夢「『ラ・ロマンス』のシャルル 葦原邦子」

木版 24.2×18cm(イメージサイズ) 1枚 
昭和初期
SOLD

橘小夢「もも月」

木版 32.5×21.3cm(イメージサイズ) 1枚 
昭和初期
SOLD

美術作品からワード検索


特集

最後の浮世絵師 月岡芳年
没後70年 吉田博
”旅情詩人” 川瀬巴水
新版画
草間彌生、奈良美智から次世代まで
創作版画
木版口絵
民藝
民藝運動機関誌 工藝
“現代の写楽” 弦屋光溪
婦人グラフ
復刻版浮世絵 / Reprinted Ukiyo-e
異国から来た絵師たち / Ukiyoe artist from abroad
蔵書票(エクス・リブリス
双六(すごろく)
泥絵(どろえ)
木口木版
東海道五十三対
相撲絵 / sumo
東海名所改正道中記
大正震災画集

お知らせ


営業日のご案内