美術作品 Fine-arts works

榎倉康二 Enokura Koji

榎倉康二

昭和17年<1942>-平成7年<1995> 東京都出身
李禹煥、菅木志雄、高松次郎、小清水漸、、野村仁、関根伸夫らと並ぶ、“もの派”の中核をなした画家。コンクリートの壁に廃油を染み込ませたり、廃油やアクリル塗料をつけた木材を綿布に押し当てた滲みを利用するなど、独特の発想で“絵画”の枠組みそのものを捉え直した作品は、世界的に高い関心を集めています。東京藝術大学大学院油画科卒。
1970年 日本国際美術展-人間と物質。
1971年 パリ青年ビエンナーレ・留学賞受賞。
1972年 東京国際版画ビエンナーレ。
1978年 ヴェネチア・ビエンナーレ。
2005年 榎倉康二展(東京都現代美術館)。もの派―再考展(国立国際美術館)。

新着順  |  価格の安い順  |  価格の高い順  ]
在庫有のみ  |  すべて  ]

榎倉康二「Intervention(干渉)」

シルクスクリーン 34×34.5cm(シートサイズ) 1枚 
昭和61年(1986)
SOLD

美術作品からワード検索


特集

最後の浮世絵師 月岡芳年
没後70年 吉田博
”旅情詩人” 川瀬巴水
新版画
草間彌生、奈良美智から次世代まで
創作版画
木版口絵
民藝
民藝運動機関誌 工藝
“現代の写楽” 弦屋光溪
婦人グラフ
復刻版浮世絵 / Reprinted Ukiyo-e
異国から来た絵師たち / Ukiyoe artist from abroad
蔵書票(エクス・リブリス
双六(すごろく)
泥絵(どろえ)
木口木版
東海道五十三対
相撲絵 / sumo
東海名所改正道中記
日本万歳 百撰百笑

お知らせ


営業日のご案内