美術作品 Fine-arts works

吉原治良 Yoshihara Jiro

吉原治良

明治38年<1905>-昭和47年<1972> 大阪府出身
画家。戦後関西を代表する前衛芸術運動「具体美術協会」の創始者。独学で絵を学び、個展や二科展などで作品を発表していましたが、敬愛する藤田嗣治に作品を見てもらうと独自性のなさを指摘され、幾何学的な抽象絵画へ移行。この出来事をきっかけに具体派のモットー「人の真似をするな」という思想が生まれました。1954年、吉原が代表となり阪神在住の若手作家17名で「具体美術協会」を結成。白髪一雄、田中敦子、元永定正など多くの芸術家を輩出し欧米のアートシーンでも注目を集めました。利便性から選んだという「円」を題材にした簡潔かつ斬新な作品で有名。インド・トリエンナーレでゴールドメダルを受賞するなど国際的に高い評価を得ています。

新着順  |  価格の安い順  |  価格の高い順  ]
在庫有のみ  |  すべて  ]
オススメ

吉原治良「黒に白丸」

銅版 25×17.5cm(イメージサイズ) / 44.5×36.5cm(額サイズ) 1面 
昭和42年(1967)
SOLD

関根美夫「自筆画 Abacus」

油彩 キャンバス 23×16cm(作品サイズ) 1枚 
昭和46年(1971)
SOLD

美術作品からワード検索


特集

最後の浮世絵師 月岡芳年
没後70年 吉田博
”旅情詩人” 川瀬巴水
新版画
草間彌生、奈良美智から次世代まで
創作版画
木版口絵
民藝
民藝運動機関誌 工藝
“現代の写楽” 弦屋光溪
婦人グラフ
復刻版浮世絵 / Reprinted Ukiyo-e
異国から来た絵師たち / Ukiyoe artist from abroad
蔵書票(エクス・リブリス
双六(すごろく)
泥絵(どろえ)
木口木版
東海道五十三対
相撲絵 / sumo
東海名所改正道中記
大正震災画集

お知らせ


営業日のご案内