0

美術作品

北野恒富 Kitano Tsunetomi

北野恒富

明治13年<1880>-昭和22年<1947> 石川県金沢市出身
日本画家、版画家。本名は富太郎。号は夜雨庵。大阪で木版画の版下制作をしていましたが、稲野年恒の門に入り、本格的に画業を学びました。第5回文展に「日照雨」、「暖か」が入賞し、画家としての地位を確立。以後文展・院展に出品を重ね、1917年には美術院同人に。”恒富風美人”と呼ばれる、独特の丸みを帯びた造形と、濃厚な情感、そして何とも言えない頽廃的な雰囲気が魅力の美人画で人気を博しました。画業の傍ら、野田九浦らと大正美術会(1912)、大阪美術会(1915)を創設、さらに画塾 白燿社(1918)を主宰。中村貞以、不二木阿古、島成園らを指導するなど、大阪画壇の重鎮として活躍しました。

新着順  |  価格の安い順  |  価格の高い順  ]
在庫有のみ  |  すべて  ]
北野恒富「新浮世絵美人合 三月 口べに」

北野恒富「新浮世絵美人合 三月 口べに」

木版 38.5×24.5cm(イメージサイズ) 1枚 
大正13年(1924)
SOLD

吉井勇著 北野恒富画「新錦絵帖 一の巻 浮世絵の顔」

吉井勇著 北野恒富画「新錦絵帖 一の巻 浮世絵の顔」

47 1冊 
大正9年(1920)
¥45,000

文:与謝野晶子 高浜虚子 他/絵:中澤弘光 鍋井克之 他「畿内行脚」

文:与謝野晶子 高浜虚子 他/絵:中澤弘光 鍋井克之 他「畿内行脚」

1冊 
大正8年(1919)
SOLD

北野恒富「鷺娘(梅川)」
オススメ

北野恒富「鷺娘(梅川)」

木版 38.8×27.8cm(イメージサイズ) 1枚 
大正12年(1923)
SOLD

北野恒富「木版画集 廓の春秋」

北野恒富「木版画集 廓の春秋」

各39×26.5cm(イメージサイズ) 全4枚 
大正7年(1918)
SOLD

北野恒富「自筆画幅 小野小町」

北野恒富「自筆画幅 小野小町」

絹本 彩色 32×41cm(イメージサイズ) 1幅 
SOLD

北野恒富「鷺娘」

北野恒富「鷺娘」

木版 雲母摺 40.9×26.8cm(イメージサイズ) 1枚 
SOLD

北野恒富「新浮世絵美人合 3月 口べに」

北野恒富「新浮世絵美人合 3月 口べに」

木版 38.5×24.5cm(イメージサイズ) 1枚 
大正13年(1924)
SOLD

北野恒富「廓の春秋 第四 冬(新地) 鏡の前」
オススメ

北野恒富「廓の春秋 第四 冬(新地) 鏡の前」

木版 雲母摺 39.3×26.2cm(シートサイズ) 1枚 
大正7年(1918)
SOLD

「北野恒富 自筆短冊」

「北野恒富 自筆短冊」

1枚 
SOLD