美術作品 Fine-arts works

今純三 Kon Junzo

今純三

明治26年<1893>-昭和19年<1944> 青森県弘前市出身
日本における銅版画の先駆者であり、青森県創作版画の祖として知られる版画家。
小学校卒業後に一家で上京し、太平洋画会研究所で中村不折らに学ぶ。さらに黒田清輝の白馬会葵橋洋画研究所や、岡田三郎助の本郷絵画研究所でも指導を受け、油彩画で文展、帝展に入選するなどして活躍した。1923年の関東大震災で被災したのを機に帰郷。帰郷後は版画に転向し、日本においてはまだ確立されていなかった銅版画、石版画の研究に没頭した。1927年に青森師範学校の図画科教授嘱託となり、そのアトリエには棟方志功や松木満史、鷹山宇一、阿部合成、小館善四郎、佐藤米次郎、川村精一郎、福島常作、下澤木鉢郎関野凖一郎ら学校の教え子や多くの芸術家を志す若者が集い、学んでいった。1933年、師範学校を退職し、東奥日報社嘱託となり、代表作「青森県画譜」の制作に着手(同年10月から翌年9月まで毎月刊行)。1939年に上京し、翌年日本エッチング作家協会設立に参加した。1944年、52歳でこの世を去った。

新着順  |  価格の安い順  |  価格の高い順  ]
在庫有のみ  |  すべて  ]
オススメ

今純三「青森県画譜」

1冊 
昭和8-9年(1933-1934)
¥75,000

今純三「習作」

ヂンク版 13.9×10.2cm(シートサイズ) 1枚 
昭和10年(1935)
SOLD

美術作品からワード検索


特集

最後の浮世絵師 月岡芳年
没後70年 吉田博
”旅情詩人” 川瀬巴水
新版画
草間彌生、奈良美智から次世代まで
創作版画
木版口絵
民藝
民藝運動機関誌 工藝
“現代の写楽” 弦屋光溪
婦人グラフ
復刻版浮世絵 / Reprinted Ukiyo-e
異国から来た絵師たち / Ukiyoe artist from abroad
蔵書票(エクス・リブリス
双六(すごろく)
泥絵(どろえ)
木口木版
東海道五十三対
相撲絵 / sumo
東海名所改正道中記
大正震災画集

お知らせ


営業日のご案内