美術作品 Fine-arts works

マン・レイ Man Ray

マン・レイ

1890年-1976年 アメリカ・フィラデルフィア出身
写真家。画家。芸術作品の持つアウラへの懐疑心を軸に、生み出しては複製し、ときに紛失したりしながら作品を制作。マン・レイにとって作品の物自体はあくまで二次的なものであり、重要なのはその記録の中に在る概念でした。マン・レイは仕立て屋の父と、お針子の母のもとに誕生。高校を卒業すると絵画制作に専念することを決意し、アルフレッド・スティーグリッツの291画廊を訪ねたり、美術学校が主催するドローイング教室に参加するなど着々と活動する傍ら、地図製作の図案家としての仕事も始めます。1913年、ニュージャージーの芸術家たちのコミュニティに転居。その地で写真技術を習得します。また、マルセル・デュシャンと出会い、オブジェやコラージュの制作、雑誌『ニューヨーク・ダダ』の発行など、ニューヨーク・ダダに身を投じていきました。1921年、デュシャンに誘われフランス・パリへ。アンドレ・ブルトンなどシュルレアリストたちと交流を持ちました。そしてこの頃から生活のために職業写真家として、他のアーティストたちの作品や肖像を撮り始めます。また、現像の際に過度の光を当て白黒を反転させる「ソラリゼーション」という現象を発見。以後この手法を用いて、過去作の焼き直しも含め多くの写真作品を制作しました。第二次世界大戦が起きるとアメリカに帰国しますが、1951年再びパリへ移住。商業写真の仕事とは距離を取り、晩年は絵画を中心に制作しました。
1912年 ラドニツキー家、姓をレイへと変更。以後サインを「Man Ray」に変更。
1921年 パリへ移る。リブレリー・シスにて初個展「ダダ マン・レイ展」開催。
1944年 カリフォルニア州のパサデナ・アート・インスティテュートにて初の大回顧展「回顧展1913-1944:マン・レイの絵画、素描、水彩、写真」開催。
1951年 パリへ戻る。
1966年 ドイツ写真協会文化賞受賞。
1976年 フランス政府より芸術功労章受章。

新着順  |  価格の安い順  |  価格の高い順  ]
在庫有のみ  |  すべて  ]
マン・レイ「セルフポートレイト」
オススメ

マン・レイ「セルフポートレイト」

リトグラフ 20×15.8cm(イメージサイズ) / 58×44.5cm(額サイズ) 1面 
1972年
SOLD OUT

坂爪厚生「マン・レイの恋人達、あるいはピーナツ型UFOの出現」

坂爪厚生「マン・レイの恋人達、あるいはピーナツ型UFOの出現」

銅版(メゾチント) 25.5×18.1cm(イメージサイズ) 1枚 
¥5,000

マン・レイ「レイヨグラフ」
オススメ

マン・レイ「レイヨグラフ」

ゼラチンシルバープリント 19.5×15.5cm(シートサイズ)/48.2×41.2cm(額サイズ) 1面 
SOLD OUT

マン・レイ「レイヨグラフ」
オススメ

マン・レイ「レイヨグラフ」

ゼラチンシルバープリント 19.5×15cm(イメージサイズ)/48.5×41.3cm(額サイズ) 1面 
SOLD OUT

マン・レイ「銅版画集「La Ballade des Dames hors du temps」より」

マン・レイ「銅版画集「La Ballade des Dames hors du temps」より」

銅版 49.5×39.5cm(イメージサイズ) 
昭和46年(1971)
SOLD OUT

美術作品からワード検索


特集

大正震災画集
没後70年 吉田博
”旅情詩人” 川瀬巴水
新版画
草間彌生、奈良美智から次世代まで
創作版画
木版口絵
民藝
民藝運動機関誌 工藝
“現代の写楽” 弦屋光溪
婦人グラフ
復刻版浮世絵 / Reprinted Ukiyo-e
異国から来た絵師たち / Ukiyoe artist from abroad
蔵書票(エクス・リブリス
双六(すごろく)
泥絵(どろえ)
木口木版
東海道五十三対
日本万歳 百撰百笑
相撲絵 / sumo
夢二の楽譜 / Yumeji's Song Sheet

お知らせ


営業日のご案内