0

浮世絵

清長 Kiyonaga

清長

宝暦2年<1752>-文化12年<1815>
鈴木春信喜多川歌麿東洲斎写楽葛飾北斎歌川広重と並び、”六大浮世絵師”の一人に数えられる大家。鳥居清満の門人で、師没後に鳥居家4代目を襲名しました。俗称は市兵衛。春信と歌麿の間にあたる天明期を中心に活躍し、大判二枚続、三枚続の大きな画面に描かれた、”清長風”と呼ばれる八頭身の伸びやかで健康的な美人画は、後に”天明のヴィーナス”とも呼ばれ、アーネスト・フェノロサからも激賞されるなど、国際的に高く評価されています。代表作は「美南見十二候」、「風俗東之錦」、「当世遊里美人合」など。

新着順  |  価格の安い順  |  価格の高い順  ]
在庫有のみ  |  すべて  ]
清長「山王祭」
新着

清長「山王祭」

木版 大判 1枚 
江戸期
SOLD

清長「地紙売り【復刻版】」

清長「地紙売り【復刻版】」

木版 大判 竪2枚続 
SOLD

清長「風俗東之錦【復刻版】」

清長「風俗東之錦【復刻版】」

木版 大判 1枚 
SOLD

清長「風俗東之錦【復刻版】」

清長「風俗東之錦【復刻版】」

木版 大判 1枚 
SOLD

清長「当世遊里美人合 たち花【復刻版】」

清長「当世遊里美人合 たち花【復刻版】」

木版 大判 1枚 
昭和36年(1961)
SOLD

春信 清長 歌麿「名作浮世絵版画特撰【復刻版】」

春信 清長 歌麿「名作浮世絵版画特撰【復刻版】」

木版 大判 20枚 
平成18年(2006)
SOLD