浮世絵 Ukiyo-e

国輝初代 Kuniteru I

国輝初代

<生没年不詳>
江戸後期の浮世絵師。作画期は文政~安政。本姓は太田、俗称は金次郎。号は五蝶亭、新貞亭、独酔舎、一雄斎など。初代歌川国貞(三代歌川豊国)の門人で、貞重を名乗り、主に子供絵や教訓絵などの錦絵を描きました。号を国輝と改めてからは、合巻の挿絵や美人画、役者絵を多く描き、その役者絵は師である初代国貞よりも国芳に近いとされています。

新着順  |  価格の安い順  |  価格の高い順  ]
在庫有のみ  |  すべて  ]
国輝初代「雪月花の内 雪」

国輝初代「雪月花の内 雪」

木版 大判 3枚続 
弘化期−嘉永期(1847-52)
SOLD OUT

国輝初代「雪月花之内 花」

国輝初代「雪月花之内 花」

木版 大判 3枚続 
弘化期−嘉永期(1847-52)
SOLD OUT

国輝初代「天正十六年藤原重宗芦名隆盛ノ本城ヲ攻ル」
オススメ

国輝初代「天正十六年藤原重宗芦名隆盛ノ本城ヲ攻ル」

木版 大判 3枚続 
明治元年(1868)
¥120,000