美術作品 Fine-arts works

荻須高徳 Ogisu Takanori

荻須高徳

明治34年<1901>-昭和61年<1986> 愛知県出身
洋画家。川端画学校で藤島武二に師事し、東京美術学校(東京藝術大学)に入学。卒業後、1926年佐伯祐三に鼓舞され渡仏。佐伯やユトリロに影響を受けて、パリの街並みを主題に描き、サロン・ドートンヌ、アンデパンダンへの出品、パリやミラノでの個展を経て、1936年サロン・ドートンヌ会員となる。1940年、第2次世界大戦勃発に伴い帰国。新制作派協会会員に迎えられ、同年の協会展に滞欧作が特別陳列された。1942年には陸軍省嘱託として仏領インドシナなどに派遣された。1948年にフランスへ渡り、以後はパリを中心に制作活動を展開。パリの風景を独特な骨太の筆触で描き続けた作品はフランスでも高く評価され、1956年フランス政府からレジオン・ドヌール勲章を、1974年パリ市からメダイユ・ド・ヴェルメイユが授与された。松方コレクションの日本返還に協力するなど日仏文化交流にも尽力している。毎日美術賞特別賞(1954)、中日文化賞(1980)、文化功労者(1981)をそれぞれ受賞し、没後には文化勲章が追贈された。

新着順  |  価格の安い順  |  価格の高い順  ]
在庫有のみ  |  すべて  ]
荻須高徳「古い自動車」
オススメ

荻須高徳「古い自動車」

リトグラフ 49.5×39.5cm(窓サイズ)/67.5×52cm(額サイズ) 1面 
昭和58年(1983)
SOLD OUT

荻須高徳「Le Store Bleu」
オススメ

荻須高徳「Le Store Bleu」

リトグラフ 38×46.4cm(イメージサイズ) 1面 
昭和54年(1979)
SOLD OUT

美術作品からワード検索


特集

うまい!江戸メシ
草間彌生、奈良美智から次世代まで
新版画
創作版画
東海道五十三対
木版口絵
没後70年 吉田博
”旅情詩人” 川瀬巴水
太平記英勇伝
民藝
日本万歳 百撰百笑
“現代の写楽” 弦屋光溪
婦人グラフ
復刻版浮世絵 / Reprinted Ukiyo-e
異国から来た絵師たち / Ukiyoe artist from abroad
泥絵(どろえ)
双六(すごろく) / Sugoroku
夢二の楽譜 / Yumeji's Song Sheet
木口木版 / Wood-Engraving
相撲絵 / sumo

お知らせ


営業日のご案内