[前のページに戻る]

商品詳細

商品番号
65400
タイトル
うなゐの友
Unai no Tomo 
著者など
清水晴風 西沢笛畝編 Shimizu seifu, Nishizawa Tekiho
出版
芸艸堂刊 
制作年
明治24年-大正13年(1891-1924)  
冊数
全10冊 
解説・状態
1-6篇:清水晴風編
7-10篇:西沢笛畝編
木版彩色刷 和装本 シミ ヤケ 表紙少傷ミ・背ヤケ 25×17.5cm

※玩具画集『うなゐの友』
明治期に玩具収集愛好趣味を最初に紹介した玩具画集。著者は”玩具博士”と呼ばれた清水晴風。1880年に向島の料亭で催された竹馬会という集まりに、晴風のほか、旧友の竹内久一(久遠)、仮名垣魯文、巌谷小波、都々逸坊扇歌、談州楼燕枝、林若樹、坪井正五郎、万場米吉、内田魯庵などが参加し、各地の伝統的な手遊び玩具が持ち寄られました。その場に集まった玩具の美しさに魅了された晴風は、以降伝承的玩具の収集に情熱を燃やします。10年で全国各地の玩具300点余りを収集した晴風は、木村徳太郎の勧めで自ら版下を描き、玩具画集『うなゐの友』(1891)を出版しました。「うなゐ」は子供の髪形や幼児のことで、「うなゐの友」とは玩具のことを指しています。本書は1913年の6篇まで刊行したところで晴風が病に倒れ、7篇から西沢笛畝が引き継ぎ、1924年の10篇で完結しました。

¥200,000(税込)

買取のご案内
[前のページに戻る]