[前のページに戻る]

商品詳細

商品番号
64955
タイトル
絵の始まり 絵の終わり 下絵と本画の物語
Paintings : Beginnings and Endings / Preliminary Drawings and Finished Paintings: A Narrative 
出版
武蔵野美術大学 美術館・図書館 
制作年
平成27年(2015)  
頁数
127頁 
冊数
1冊 
解説・状態
猪巻清明、奥村土牛、河鍋暁斎、菊地養之助、酒井三良、塩出英雄、竹内栖鳳、土田麦僊、野長瀬晩花、福田豊四郎、宮本十久一、村上華岳、毛利武彦、山口八九子、山本丘人、四方田草炎、井上耐子、内田あぐり、尾長良範、熊澤未来子、桑原理早、酒井祐二、澤井昌平、西田俊英、山本直彰など図版多数
第1章 狩野家と河鍋暁斎 江戸~明治における模本と下絵/第2章 近代の京都画壇 上薗四郎:近代の京都画壇 緩やかな個人主義/第3章 近代の在野の画家たち 堀宜雄:のこる線、とどく言葉-画家・菊地養之助-/第4章 現代作家の「絵が生まれるまで」 北澤憲昭:下絵のパラドックス-本画としての下絵/下絵としての本画
ハードカバー 表紙少アタリ 26.4×19.6cm

¥1,200(税込)

買取のご案内
[前のページに戻る]