[前のページに戻る]

広重初代「東海道五十三対 丸子 手越の古駅」/

作品詳細

商品番号
37277
絵師
広重初代
Hiroshige I
作品
東海道五十三対 丸子 手越の古駅 
The Fifty-three Pairings for the Tokaido / Maruko: Old Tegoshi Station
技法
木版 
状態
摺良 トリミング 左上部少汚レ  
サイズ
大判(36.8×24.8cm)
制作年
弘化元年−弘化4年(1844-1847)  
備考・解説
「手越の古駅は丸子の東にしてあべ川の西岸にあり むかし中将重衡囚れて鎌倉に下り給ふ時 此所に宿り給ふ 頼朝公深く痛り 手越の長者が娘千寿の前といへるを御伽に付けられける 此女眉姿心様も優にして糸竹の道さえ勝れ 琵琶琴或は今様の白拍子を舞て心を慰めわかれけるが 重衡討たれ給ふとき墨の衣にさまをかへ 信濃の国善光寺にて後世のぼだいをとむらひける 千寿の遺跡今も残れり」

*平重衡・源頼朝の官女千壽の図

歌川派の人気の三人の絵師、国貞(三代豊国)・国芳・広重に描かせたシリーズです。 

¥35,000(税込)

買取のご案内
[前のページに戻る]