特集

創作版画 / Sosaku-Hanga

明治末期、単なる複製手段となりつつあった伝統的な木版画の状況に危機感を募らせていた山本鼎らが中心となり、自画・自刻・自摺を骨子とする創造的な版画制作を呼びかける“創作版画運動”が起こります。それは明治40年に創刊された版画誌「方寸」や「月映」を端緒に、大正から昭和初期にかけて大きく花開き、現在の日本版画協会に至る近代日本版画隆盛の礎となりました。主な作家に恩地孝四郎平塚運一川上澄生谷中安規棟方志功藤牧義夫などがいます。

表示順 [  新着順  |  価格の安い順  |  価格の高い順  ]
在庫有のみ  |  すべて  ]
オススメ

詩集 月に吠える

萩原朔太郎
感情詩社  大正6年(1917) 
¥450,000

オススメ

平塚運一「光悦寺の手水鉢」

木版 37×52cm(イメージサイズ) 1枚 
昭和32年(1957)
¥80,000

関野凖一郎「堤川より八甲田」

木版 32.5×46cm(イメージサイズ) / 54.5×70.5cm(額サイズ) 
昭和51年(1976)
¥50,000

オススメ

斎藤清「秋の会津 安座(2) 」

木版 38×52.5cm(イメージサイズ) / 58 ×73cm(額サイズ) 1面 
昭和58年(1983)
SOLD OUT

閑中閑本 第廿七冊 閑本工程帖

前川千帆
日本愛書会  昭和35年(1960) 
SOLD OUT

閑中閑本 第二十五冊 山海口福帖

前川千帆
日本愛書会  昭和35年(1960) 
SOLD OUT

閑中閑本 第廿四冊 抒情季節帖

前川千帆
日本愛書会  昭和34年(1959) 
SOLD OUT

閑中閑本 第拾七冊 炉辺漫談帖

前川千帆
日本愛書会  昭和31年(1956) 
SOLD OUT

閑中閑本 第拾六冊 鳴子こけし帖

前川千帆
日本愛書会  昭和30年(1955) 
SOLD OUT

閑中閑本 第拾四冊 第二浴泉餘情帖

前川千帆
日本愛書会  昭和29年(1954) 
SOLD OUT

閑中閑本 第三冊 記録紙漉帖

前川千帆
日本愛書会  昭和22年(1947) 
SOLD OUT

閑中閑本 第二冊 山野花手帖

前川千帆
日本愛書会  昭和21年(1946) 
SOLD OUT

閑中閑本 第一冊 文献偲糖帖

前川千帆
日本愛書会  昭和20年(1945) 
SOLD OUT

オススメ

関野凖一郎「青森市柳町(朝市)」

木版 33×45.5cm(イメージサイズ) 1枚 
昭和50年(1975)
¥120,000

関野凖一郎「奥の細道(45) 新潟(北越雪原) 」

木版 45×33cm(イメージサイズ) / 71.5×58cm(額サイズ) 1面 
昭和59年(1984)
¥38,000

関野凖一郎「奥の細道(57) 色浜(曼珠沙華) 」

木版 33×45cm(イメージサイズ) / 58×71.5cm(額サイズ) 1面 
昭和59年(1984)
SOLD OUT

関野凖一郎「奥の細道(52) 金沢(盛夏) 」

木版 33×46cm(イメージサイズ) / 58×71.5cm(額サイズ) 1面 
昭和60年(1985)
SOLD OUT

関野凖一郎「奥の細道(60) 大垣(大尾) 」

木版 33×46cm(イメージサイズ) / 58×71.5cm(額サイズ) 1面 
昭和60年(1985)
¥35,000

関野凖一郎「奥の細道(14) 塩原(紅葉) 」

木版 33×45cm(イメージサイズ) / 58×71.5cm(額サイズ) 1面 
昭和56年(1981)
¥38,000

関野凖一郎「奥の細道(51) 高岡(驟雨) 」

木版 33×46cm(イメージサイズ) / 58×71.5cm(額サイズ) 1面 
昭和60年(1985)
¥38,000

関野凖一郎「奥の細道(47) 佐渡(相川) 」

木版 33×46cm(イメージサイズ) / 58×71.5cm(額サイズ) 1面 
昭和55年(1980)
¥38,000

関野凖一郎「奥の細道(26) 松島(島々) 」

木版 33×45cm(イメージサイズ) / 58×71.5cm(額サイズ) 1面 
昭和58年(1983)
SOLD OUT

徳力富吉郎「新唐崎の松」

木版 28.3×25.0cm(イメージサイズ) 1枚 
昭和12年(1937)
SOLD OUT

徳力富吉郎「宇治橋」

木版 19.1×25.6cm(イメージサイズ) 1枚 
昭和55年(1980)
SOLD OUT

小野忠重「自筆画色紙 土佐砂浜」

水彩 パステル 27×24cm(シートサイズ) 1枚 
¥30,000