美術作品 Fine-arts works

鏑木清方 Kaburaki Kiyokata

鏑木清方

明治11年<1878>-昭和47年<1972>東京都出身
上村松園、伊東深水としてと並び称せられる、近代日本における美人画の大家。本名は健一。父はやまと新聞の創立者、条野採菊。水野年方の門下に入り、16歳頃より新聞や雑誌の挿絵を描き始めました。1901年、山中古洞らと烏合会を結成し、新しい美術運動に参加。文人との交流も深かったため、文学への造詣が深く、島崎藤村の「破戒」や、菊池幽芳の「百合子」、泉鏡花作品の挿絵などに多くの秀作を残しています。1907年頃から文展、帝展を中心に制作活動を続け、1927年に名作「築地明石町」を発表。帝展日本画審査委員(1919年)、帝国芸術院会員(1929年)、帝室技芸員(1944年)を歴任し、1954年には文化勲章を受章しました。

新着順  |  価格の安い順  |  価格の高い順  ]
在庫有のみ  |  すべて  ]

鏑木清方/鳥居清忠「合作刷物 窓月梅姿絵」

木版 43×56cm(シートサイズ)/56.5×74.5cm(額サイズ) 1面 
昭和34年(1959)
SOLD OUT

鏑木清方「作品」

鏑木清方「作品」

木版 27×24cm(イメージサイズ) 1枚 
SOLD OUT

鏑木清方「俳諧刷物」

鏑木清方「俳諧刷物」

木版 43×58(シートサイズ) 1枚 
¥50,000

美術作品からワード検索


特集

”画鬼” 河鍋暁斎 Kyosai
生誕140年 吉田博
婦人グラフ / The Ladie's Graphic
新版画 / Shin-Hanga
創作版画 / Sosaku-Hanga
“現代の写楽” 弦屋光溪
武井武雄 刊本作品
芹沢銈介 / Serizawa Keisuke
蔵書票 / Ex Libris
復刻版浮世絵 / Reprinted Ukiyo-e
末廣五十三次(末廣五十三駅図会)
異国から来た絵師たち / Ukiyoe artist from abroad
泥絵(どろえ)
双六(すごろく) / Sugoroku
”城の版画家” 橋本興家 / Hashimoto Okiie
民藝運動機関誌 工藝
木口木版 / Wood-Engraving
夢二の楽譜 / Yumeji's Song Sheet

お知らせ


営業日のご案内