美術作品 Fine-arts works

金子國義 Kaneko Kuniyoshi

金子國義

昭和11年<1936>-平成27年<2015> 埼玉県出身
独特のエロティシズム漂う作品で人気の画家。絵本『不思議の国のアリス』や、澁澤龍彦の小説や翻訳書をはじめ、雑誌『ユリイカ』、『婦人公論』などの装幀や挿絵、表紙絵などで知られています。その他、浴衣や着物のデザイン、歌舞伎の舞台美術を手掛けるなど、マルチな活動を展開しました。日本大学芸術学部デザイン科卒。
1955年 日本大学芸術学部デザイン科入学。在学中は学業と平行して舞台美術家・長坂元弘に師事。
1957年 舞踏家集団 二十日会を結成。第一回公演「わがままな巨人」の舞台を担当。同時に春陽会・舞台美術部門で入選。
1959年 大学卒業後、グラフィックデザイン会社に勤めるも、3ヶ月で解雇。
1964年 独学で油絵を描き始める。
1966年 唐十郎を知り、その誘いで状況劇場「ジョン・シルバー」の舞台美術を担当、女形としても出演。
1967年 銀座青木画廊にて初個展「花咲く乙女たち」。
1974年 絵本『不思議の国のアリス』(オリベッティ社)。
1975年 生田耕作訳『バタイユ作品集/マダム・エドワルダ』(角川文庫)の装幀・挿画を担当。
1977年 富士見ロマン文庫の装幀を始める(全64冊)。澁澤龍彦『玩具抄』(産経新聞夕刊)の挿絵を担当。
1978年 版画集『アリスの夢』(角川書店)。
1979年 画集『金子國義アリスの画廊』(美術出版社)。
1980年 バレエ『アリスの夢』(原宿ラフォーレミュージアム)の構成・演出・美術を担当。
1983年 版画集『オルペウス』(美術出版社)。バレエ「オルペウス」(西武劇場)の構成・演出・美術を担当。
1984年 画集『金子國義エロスの劇場』(小学館)。
1988年 雑誌『ユリイカ』1月号より表紙画・装幀を担当(90年12月号まで)。
1994年 版画集『不思議の国のアリス』、『鏡の国のアリス』(新潮社)、写真集『Vamp』(新潮社)。
1998年 神田神保町に美術倶楽部ひぐらし開設。
2002年 画集『KUNIYOSHI’S HOLYWEEK』(美術出版社)。
2005年 十八代目中村勘三郎襲名披露口上の舞台美術を担当。
2006年 HYDEのアルバム「FAITH」のジャケット原画を担当。
2011年 六代目中村勘九郎襲名披露口上の舞台美術を担当。

新着順  |  価格の安い順  |  価格の高い順  ]
在庫有のみ  |  すべて  ]
金子國義「マリー」
オススメ 新着

金子國義「マリー」

リトグラフ 手彩 10.5×7cm(イメージサイズ) / 40.5×31.5cm(額サイズ) 1面 
¥50,000

金子國義「エスカイヤ(2)」
オススメ

金子國義「エスカイヤ(2)」

銅版 35×29.5cm(イメージサイズ) / 74×56.5cm(額サイズ) 1面 
昭和58年(1983)
SOLD OUT

金子國義「絵付け皿」
オススメ

金子國義「絵付け皿」

陶器 径20.8cm(作品サイズ) 1点 
SOLD OUT

金子國義「自筆画 ぼくのともだち」

金子國義「自筆画 ぼくのともだち」

キャンバス 油彩 21.5×15cm(イメージサイズ) 1面 
平成15年(2003)
SOLD OUT

金子國義「自筆画 時のない岸へ」

金子國義「自筆画 時のない岸へ」

キャンバス 油彩 32×23cm(イメージサイズ) 1面 
昭和42年(1967)
SOLD OUT

美術作品からワード検索


特集

民藝 / MINGEI
武井武雄 刊本作品
生誕140年 吉田博
木版口絵 / Kuchi-e Prints
”旅情詩人” 川瀬巴水 / Kawase Hasui
新版画 / Shin-Hanga
創作版画 / Sosaku-Hanga
日本万歳 百撰百笑 / 100 Collected Laughs
婦人グラフ / The Ladie's Graphic
“現代の写楽” 弦屋光溪
漫画雑誌 東京パック / Tokyo Puck
蔵書票 / Ex Libris
復刻版浮世絵 / Reprinted Ukiyo-e
異国から来た絵師たち / Ukiyoe artist from abroad
泥絵(どろえ)
双六(すごろく) / Sugoroku
夢二の楽譜 / Yumeji's Song Sheet
青い鳥楽譜
木口木版 / Wood-Engraving
太平記英雄傳 / Heroes of the Great Peace
相撲絵 / sumo

お知らせ


営業日のご案内