美術作品 Fine-arts works

東山魁夷 Higashiyama Kaii

東山魁夷

明治41年<1908>-平成11年<1999> 神奈川県横浜市出身
戦後を代表する日本画家、風景画家。本名・東山新吉。東京美術学校(現東京藝術大学)在学中の1929年、帝展に初めて出品した「山国の秋」(戦災で焼失)で初入選を果たし注目を集めます。卒業後の1933年よりドイツへ留学し、精力的に西洋の美術を学びましたが、父親の病気のため留学期間途中での帰国を余儀なくされました。帰国後は、太平洋戦争に召集され、終戦前後に相次いだ両親と弟の死、日展の落選と、苦難の時期を過ごします。1947年、日展に出品した「残照」が特選で政府買い上げとなったのが転機となり、風景画家としての地位を確立。以後、日展出品「道」や「光昏」、東宮御所の壁画「日月四季画」、皇居新宮殿の大壁画「朝明けの潮」などを手掛け、1970年代には画業の集大成ともいうべき、完成まで十年を費やした唐招提寺御影堂障壁画「山雲」、「濤声」を完成させ、奉納しています。対象の再現描写にとらわれない、近代的な造形感覚により構築された画面で、深い精神性を表現し続けました。
1929年 「山国の秋」(戦災で焼失)で帝展初出品・初入選。
1931年 東京美術学校卒業。同研究科に進学。結城素明に師事し、画号を「魁夷」とする。
1931年 東京美術学校研究科修了。ドイツ留学。
1940年 川崎小虎の長女すみと結婚。
1947年 日展に出品した「残照」が特選(政府買上)。
1950年 日展審査員。日展に「道」出品。
1956年 「光昏」で日本芸術院賞受賞。
1965年 日本芸術会員に選出。日展理事に就任。
1969年 毎日芸術大賞受賞。文化勲章受章。文化功労者。
1990年 長野県信濃美術館 東山魁夷館が開館。
1998年 「月光」が最後の日展出品作となる。
2005年 香川県立東山魁夷せとうち美術館が開館。
2018年 生誕110年 東山魁夷展(国立新美術館)

新着順  |  価格の安い順  |  価格の高い順  ]
在庫有のみ  |  すべて  ]
東山魁夷「月唱」
オススメ

東山魁夷「月唱」

木版 45.7×37.1cm(イメージサイズ) / 64×56cm(額サイズ) 1面 
昭和58年(1983)
SOLD OUT

東山魁夷「緑映」
オススメ

東山魁夷「緑映」

木版 31×43.9cm(イメージサイズ) / 48.5×62cm(額サイズ) 1面 
昭和61年(1986)
SOLD OUT

東山魁夷「山雲去来」
オススメ

東山魁夷「山雲去来」

木版 39.2×55.2cm(イメージサイズ) / 60.5×76.5cm(額サイズ) 1面 
昭和61年(1986)
SOLD OUT

東山魁夷「緑潤う」
オススメ

東山魁夷「緑潤う」

リトグラフ 41×55cm(イメージサイズ) / 65×79.5cm(額サイズ) 1面 
平成14年(2002)
SOLD OUT

東山魁夷「青い峡」

東山魁夷「青い峡」

木版 36.6×37.6cm(イメージサイズ) 1面 
昭和57年(1982)
SOLD OUT

美術作品からワード検索


特集

太平記英勇伝 / Taiheiki Eiyuden
民藝 / MINGEI
生誕140年 吉田博
木版口絵 / Kuchi-e Prints
”旅情詩人” 川瀬巴水 / Kawase Hasui
新版画 / Shin-Hanga
創作版画 / Sosaku-Hanga
日本万歳 百撰百笑 / 100 Collected Laughs
婦人グラフ / The Ladie's Graphic
“現代の写楽” 弦屋光溪
漫画雑誌 東京パック / Tokyo Puck
蔵書票 / Ex Libris
復刻版浮世絵 / Reprinted Ukiyo-e
異国から来た絵師たち / Ukiyoe artist from abroad
泥絵(どろえ)
双六(すごろく) / Sugoroku
夢二の楽譜 / Yumeji's Song Sheet
青い鳥楽譜
武井武雄 刊本作品
木口木版 / Wood-Engraving
相撲絵 / sumo

お知らせ


営業日のご案内