ブログ

【新入荷】棟方志功「妙肌韻板画柵」

日本を代表する巨匠・棟方志功の、数ある特製本の中でも人気が高い版画集「妙肌韻板画柵」が入荷しました。

妙肌韻板画柵
妙肌韻板画柵 / 棟方志功

昭和35年(1960)森口太郎により萌木社から刊行された本作は、自刻自摺の木版画14枚(内5枚に手彩色)が収録され、棟方の版画集では珍しく版画全点にサインが入れられています。

画集といえども各作品の完成度は高く、一枚ずつ額装されて流通されることも多い作品なので、完品の状態のものは久しぶりです。
完品の状態なので、棟方志功鑑定委員会の鑑定シールも発行されています。

ご興味のある方は是非ご覧ください。

ちなみに、本の内容は同じですが、限定30部のものもあり、そちらは帙が木版画装(裏手彩色)になっています。

 

山田書店美術部では、浮世絵や版画、絵画、書画、古書古本などの買取をしております。
出張、宅配便でお送りいただくなど、様々な方法がございますので、お気軽にご相談ください。
買取方法の詳細につきましては下記のページをご覧ください。
【買取のご案内】 https://www.yamada-shoten.com/kaitori.php

【新入荷】池田満寿夫 ジム・ダイン 他版画作品/ロッカクアヤコ 他書籍

池田満寿夫ジム・ダイン、友永詔三、山口和雄の版画作品他、現代アーティスト・ロッカクアヤコのサインとペン画が入った展覧会図録などの書籍が入荷しました。

マダム・ダ・ヴィンチの肖像 / 池田満寿夫
マダム・ダ・ヴィンチの肖像 / 池田満寿夫

 

冬の夢 / ジム・ダイン
冬の夢 / ジム・ダイン

 

少女―風光る / 友永詔三
少女―風光る / 友永詔三

 

午後の余韻 / 山口和雄
午後の余韻 / 山口和雄

 

▽ 書籍
ロッカクアヤコ展 アムステルダム-東京
ロッカクアヤコ展 アムステルダム-東京

石田尚志 渦まく光

柳宗理のデザイン-戦後デザインのパイオニア

田中一村 新たなる全貌

ル・コルビュジュ展

ヘディン素描画集 / スェン・ヘディン文 ヨースタ・モンテル編 金子民雄訳

招き猫亭コレクション 猫まみれ(2) / 招き猫亭監修・文

東京風俗帖 / 木村荘八

近代日本の木版画

佐野ぬい 青の構図

小茂田青樹展

朝鮮通信使 善隣友好の使節団

画業60年 渡辺豊重展

特別展 いぬ・犬・イヌ

中国宮廷の女性たち 麗しき日々への想い 北京藝術博物館所蔵名品展

没後30年 鴨居玲展 踊り候え

天理図書館開館60周年記念展 近収善本・新指定書を中心に 天理ギャラリー第89回展 / 天理大学附属天理図書館編

小林智美ロマンシング サ・ガ画集 時織人(ときおりびと)

河内成幸 1988

高橋秀・ 画家とコレクター 瀬戸内収蔵作品による

森村泰昌 レンブラントの部屋

わたしの東京百景 / 日野耕之祐

近代都市と芸術展 1870-1996

ルオーの祈り 絵画と版画

岡本太郎の世界 / 岡本敏子・齋藤愼爾編

西洋をきずいた書物 天理ギャラリー第63回展 / 雄松堂書店編

デ・ステイル展 1917-1932

特別展 石垣栄太郎

国画創作協会回顧展

現代美術家シリーズ(3) 山本丘人 増補版 / 菊地芳一郎

加納光於 まなざし-疼く飛沫を辿れ 1989ー90

版画芸術168 合羽版 森義利

 

 

山田書店美術部では、浮世絵や版画、絵画、書画、古書古本などの買取をしております。
出張、宅配便でお送りいただくなど、様々な方法がございますので、お気軽にご相談ください。
買取方法の詳細につきましては下記のページをご覧ください。
【買取のご案内】 https://www.yamada-shoten.com/kaitori.php

武井武雄の世界 イルフ童画館(長野県岡谷市)

碌山美術館→北アルプス展望美術館→サンリツ服部美術館と渡り歩いて、最後に向かったのは、武井武雄(岡谷市出身)の作品を展示しているイルフ童画館 (*゚∀゚)

商業施設に隣接しているかわいらしい建物がイルフ童画館。
武井武雄の世界 イルフ童画館

武井武雄の世界 イルフ童画館

武井武雄の世界 イルフ童画館

武井武雄の作品を元にしたステンドグラスや、オブジェ、タペストリーが飾られている館内は、こどもたちのワークスペースもあって、子供連れが多かった印象で、小さい頃に通ったこどもの城を思い出しました♪
刊本作品も丁寧に解説・展示されていたのが印象に残りました。

企画展示は、武井武雄の描いたかわいくも不思議な動物たちを特集した「武井武雄のどうぶつワンダーランド」と、今回初めて知った絵本作家ミロコマチコさんの”ミロコマチコ絵本原画展「きいろいたいよう」”。
ミロコマチコ絵本原画展「きいろいたいよう」

ミロコマチコさんの展示では、原画だけでなく、写真のような立体作品も置かれていて、中には3m近くもある大迫力のオオカミもありましたヽ(`Д´)ノ
ミロコマチコ絵本原画展「きいろいたいよう」

ミロコマチコ絵本原画展「きいろいたいよう」

チラシにもなっている眩しいぐらいのエネルギーを発散している「オレときいろ」や、イマジネーションが画面から溢れ出しそうな「ぼくのふとんは うみでできている」も素敵だったのですが、やはり愛猫の鉄三を描いた講談社出版文化賞受賞作「てつぞうはね」が一番心に突き刺さりました。
全く知らずに原画を見ていたら、涙が止まらなくなってしまって、そのままミュージアムショップで本を購入。
ミロコマチコ「てつぞうはね」

作者自身がこの絵本や、鉄三、ソトとボウについて”ilove.cat”の記事で語られています。
その中で一番伝えたいことを「命の繋がり」と仰られていて、私のバイブル的な一冊「そこに愛がありますように」(渡辺正子著)に通じるお話に、大いに共感しました。
本当に素敵なお話なので、是非絵本と一緒に、こちらの記事もご覧になってみてください!

ちなみに、常設されているセンダックの展示は、企画展のためお休みとのことで、唯一ショップの横にこんなディスプレイがありました(*゚∀゚)
武井武雄の世界 イルフ童画館

written by Teru
 
————————————-
サンリツ服部美術館
ミロコマチコ絵本原画展「きいろいたいよう」/武井武雄のどうぶつワンダーランド(→公式サイト
会期7月10日(金)~ 9月14日(月)
月曜休館 開館時間10:00 ~ 19:00
〒394-0027 長野県岡谷市中央町2-2-1

« 古い記事