ブログ

弦屋光溪 最新作「〈万歳浮世絵派五姿〉の内 歌川広重」

”現代の写楽” 弦屋光溪による、浮世絵師を描く連作〈万歳浮世絵派五姿〉(※2020年にシリーズ完成予定)の第三作が完成しました。
第一作目の葛飾北斎、二作目の歌川国芳に続いて、モデルとなったのは「東海道五十三次」や「名所江戸百景」などで知られる風景画の名手・初代歌川広重です。

詩情豊かな広重の花鳥画に材をとった ”春づくし” の世界を、自画・自刻・自摺の木版画でお楽しみください。
よろしくお願い申し上げます。

〈万歳浮世絵派五姿〉の内 歌川広重 / 弦屋光溪
〈万歳浮世絵派五姿〉の内 歌川広重 / 弦屋光溪

 

山田書店美術部では、浮世絵や版画、絵画、書画、古書古本などの買取をしております。
出張、宅配便でお送りいただくなど、様々な方法がございますので、お気軽にご相談ください。
買取方法の詳細につきましては下記のページをご覧ください。
【買取のご案内】 https://www.yamada-shoten.com/kaitori.php

『私の吉田博 改訂増補版 未発表肉筆画収録』刊行のご案内

私の吉田博 改訂増補版 未発表肉筆画収 油彩画、水彩画、木版画を通して日本のみならず、世界の風景を明治・大正・昭和の時代に制作した吉田博
彼の作品は、没後70年を迎える令和の時代になっても色褪せることなく、老若男女・国籍を問わず多くの人達を魅了している。
この本の著者もそのひとり。今回の増補改訂版は4年前に出版掲載した作品を中心に、3部のみ制作された『沖縄水彩画集』の全貌、表紙に使用された「モレーン湖」の油彩など、見応えある約200点余の図版で構成されている。
評論家・磯田光一が、あるコレクターのコレクションについて寄稿した一文がある。
”絵画への愛着が個人の趣味にもとづくように、コレクションも個人的な情熱にもとづくものである。ところがその成果が一定以上のレベルに達するとき、コレクションはおのずから公共的な意味を持ちはじめる。”
吉田博の作品に魅せられたコレクターの質量共に壮観なコレクションを、是非手にとって見ていただきたい。

私の吉田博 改訂増補版 未発表肉筆画収私の吉田博 改訂増補版 未発表肉筆画収

私の吉田博 改訂増補版 未発表肉筆画収
刊行: 2020年2月22日
価格: 3,850円(税込)
部数: 非売品 300部制作
著者: 園田民雄
概要: 187頁 24.5×19.2cm
私の吉田博 改訂増補版 未発表肉筆画収

 

山田書店美術部では、浮世絵や版画、絵画、書画、古書古本などの買取をしております。
出張、宅配便でお送りいただくなど、様々な方法がございますので、お気軽にご相談ください。
買取方法の詳細につきましては下記のページをご覧ください。
【買取のご案内】 https://www.yamada-shoten.com/kaitori.php

冬季休業のお知らせ

いつも山田書店美術部をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

誠に勝手ながら、2019年12月28日(土)~2020年1月6日(月)までを、冬季休業 とさせていただきます。
お客さまへのご対応は、2020年1月7日(火)以降になりますことをご了承ください。
大変ご不便をおかけ致しますが、何卒ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

江戸姿八契 本所四軒 / 国貞初代

皆さま、どうぞよいお年をお迎えください。

2020年も変わらぬご愛顧を賜りますようよろしくお願い申し上げます 。

——————————————————

<< Announcement of Winter Holidays >>

Thank you for your continued business with us.

YAMADA SHOTEN will be closed for annual winter holidays from Saturday, 28th December 2019 to Monday, 6th January 2020.
We will not be able to answer any enquiries during that period. The shop will reopen at regular business hours on Tuesday, 7th January 2020.
We are sorry for any inconvenience caused. We appreciate your understanding.

We wish you a happy new year.

We are very grateful for your continued patronage and we look forward to seeing you again in 2020.

« 古い記事