現代の浮世絵師・弦屋光溪 最新作

〈万歳浮世絵派五姿〉の内 歌川国芳

〈万歳浮世絵派五姿〉の内 歌川国芳

木版 自画・刻・摺 限定30部 サイン
40×26cm 雁皮紙(高知県産)
38,000円(税込)

→ご購入はこちらのオンラインストアをご利用ください。

浮世絵師を描く連作〈万歳浮世絵派五姿〉の第二作。
モデルは「通俗水滸伝豪傑百八人之一個」などで知られる武者絵の名手・歌川国芳

【作家より】
■顔は弟子の歌川芳富が描く「歌川国芳、芳房死絵」を参考にしました。
■構図と猫は団扇絵の「猫のすゞみ」からで「金魚づくし」の浴衣としました。
■背景の水面には「土蜘蛛退治」から蚊帳でしきられた妖怪を写し、顔手は「みかけハこハゐがとんだいゝ人だ」を参考にしました。
■色彩は『夏』の川涼みを意識して紺青と群緑そして胡粉を多用しました。

弦屋光溪

〈万歳浮世絵派五姿〉の内 葛飾北斎

〈万歳浮世絵派五姿〉の内 葛飾北斎

木版 自画・刻・摺 限定30部 サイン
40×26cm 雁皮紙(高知県産)
38,000円(税込)

→ご購入はこちらのオンラインストアをご利用ください。

浮世絵師を描く連作〈万歳浮世絵派五姿〉の第一作。
モデルは「富嶽三十六景」などで知られる葛飾北斎

【作家より】
○顔は『葛飾北斎伝』(飯島虚心著)にある「北斎翁之肖像」を参考にし、手は娘の葛飾応為が描いた「夜桜美人図」の中の筆のにぎり方から北斎のにぎり方も同じと考えました。
○着物の模様は日新除魔の獅子を図案化して私流の摺りで表現しました。又、襦袢の襟は最晩年に使用した印章”百”を模様化しました。
○肩に乗る猫は「北斎漫画 十四篇」にある鼠を喰わえた猫です。
○背景は代表作の「富嶽三十六景 神奈川沖浪裏」の波の部分を図案化して、”冬”のイメージから胡粉や雲母摺りで表現しました。
○全体の色調はベロアイではありませんが藍を多用しました。
尚、外題にある”万歳”は「いつまでも栄える」の意味で、江戸浮世絵版画を敬慕憧憬する私の気持ちからです。

弦屋光溪

作品についてのお問い合わせ

Copyright©2018 YAMADA-SHOTEN Co.,Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.