特集

双六(すごろく) / Sugoroku

すごろく(雙六、双六)は、奈良時代以前には既に渡来していたボードゲームの一種です。元々は盤の駒を対座する相手陣内へ入れる盤双六(バックギャモン)の事を指しましたが、江戸時代に仏法双六や浄土双六から発展した絵双六が流行し、双六と言えば、ほぼ絵双六の事を指すようになりました。浮世絵版画の発達とも歩調を合わせた絵双六は、名だたる絵師が手がけ、画題も多岐に渡る事から、絵画的・資料的価値が高く評価されています。江戸・明治期の木版画を中心に、児童雑誌の付録などに使われた近代の画家による双六も合わせてご覧ください。

表示順 [  新着順  |  価格の安い順  |  価格の高い順  ]
在庫有のみ  |  すべて  ]

中川華堤「東都流行食通名家双六」

木版 44.5×66.5cm 
大正6年(1917)
¥35,000

池部鈞 大橋月皎 山田みのる 西田青坡「お国自慢 名物踊面白双六」

54.7×78.7cm(シートサイズ) 1枚 
大正14年(1925)
SOLD OUT

芳瀧「風流笑双六」

木版 36×48.5cm(シートサイズ) 1枚 
江戸期
¥20,000

竹久夢二「少女と動物雙六」

54.5×79cm(シートサイズ) 1枚 
大正14年(1925)
SOLD OUT

谷脇素文「處世教訓漫画双六」

54×79cm 
明治44年(1911)
SOLD OUT

作者不詳「ニコニコ双六」

39×53.5cm 
明治44年(1911)
SOLD OUT

春盛「衣装競似顔双六」

木版 50×66.5cm 
明治44年(1911)
SOLD OUT

秋峰「朝日の光り 日露戦争双六」

53×78cm 
明治38年(1905)
SOLD OUT

尾竹国観「新案征露戦局雙六」

石版 54.5×78cm 
明治38年(1905)
SOLD OUT

作者不詳「教草女禮寿語六」

木版 80×48.5cm 
明治30年(1897)
SOLD OUT

広重三代「東京名所遊歩雙六」

木版 49.5×36.5cm 
明治15年(1882)
¥120,000

下馬三郎「科学教育漫画 原子双六 湯川博士ノーベル賞受賞記念」

52.7×76cm(シートサイズ) 1枚 
昭和24年(1949)
¥10,000

作者不詳「新開馬駆数古録」

木版 49×37cm 
江戸末-明治期
SOLD OUT

周重「新版滑稽膝栗毛道中雙六」

34.5×45.5cm 
明治11年(1878)
SOLD OUT

作者不詳「郵便電信雙六」

48.5×72.3cm 
明治35年(1902)
SOLD OUT

仁斎久々季?「新板流行自転車競走双六」

69×44.5cm 
明治34年(1901)
¥120,000

荒川藤兵衛「学校体操壽語録」

44.5×32.5cm 
明治20年(1887)
SOLD OUT

作者不詳「新版當時流行ポンチ双六」

木版 49×71.5(紙寸) 
明治28年(1895)
SOLD OUT

春暁「名所名物里程明細 東海道中五十三次壽語録」

木版 48×70.5〈紙寸) 
明治20年(1887)
SOLD OUT

年昌「憲法発布大典寿語録」

木版 79.5×49(紙寸)     
明治23年(1890)
SOLD OUT

国周「櫓水滸傳喜男意壽古録」

木版 55×67cm 
明治元年(1868)
¥150,000

松成保太郎「東京名所遊山壽語六」

木版 49×73cm 
明治29年(1896)
¥45,000

「少女十二ヶ月双六」

55×78.2cm(シートサイズ) 1枚 
昭和3年(1928)
¥68,000

豊斎「修身童訓 教歌魁双録」

木版 82×46.3cm 
明治30年(1897)
¥45,000

芳員「武勇合戦壽古録」

木版 47×62cm 
安政6年(1859)
¥35,000