特集

創作版画 / Sosaku-Hanga

明治末期、単なる複製手段となりつつあった伝統的な木版画の状況に危機感を募らせていた山本鼎らが中心となり、自画・自刻・自摺を骨子とする創造的な版画制作を呼びかける“創作版画運動”が起こります。それは明治40年に創刊された版画誌「方寸」や「月映」を端緒に、大正から昭和初期にかけて大きく花開き、現在の日本版画協会に至る近代日本版画隆盛の礎となりました。主な作家に恩地孝四郎平塚運一川上澄生谷中安規棟方志功藤牧義夫などがいます。

表示順 [  新着順  |  価格の安い順  |  価格の高い順  ]
在庫有のみ  |  すべて  ]
新着

棟方志功「庭の柵」

木版 21×22cm(シートサイズ)/36×37cm(額サイズ) 1面 
昭和32年(1957)
¥300,000

オススメ

斎藤清「さつきの会津 (3)」

木版 37.5×52.5cm(イメージサイズ) / 63.7×78.5cm(額サイズ) 1面 
昭和63年(1988)
SOLD OUT

オススメ

小野忠重「島の漁場にて」

木版 35.5×45.5cm(イメージサイズ) / 50×65cm(額サイズ) 1面 
昭和56年(1981)
¥100,000

オススメ

川上澄生「前姿と後姿積木」

木片彩色 高さ14.3×幅4.5×4.5cm奥行(作品サイズ) 1点 
昭和9年(1934)
SOLD OUT

斎藤清「自筆絵付皿 花と少女」

31.5cm(径) 1点 
昭和46年(1971)
SOLD OUT

山口源「牡丹」

木版 36×24.2cm(イメージサイズ) 1枚 
SOLD OUT

橋本興家「春鏡湖池」

木版 35×26cm(イメージサイズ) 1枚 
昭和53年(1978)
SOLD OUT

閑中閑本 第十五冊 花月明暗帖

前川千帆
日本愛書会  昭和30年(1955) 
SOLD OUT

閑中閑本 第拾八冊 伏見土偶帖

前川千帆
日本愛書会  昭和32年(1957) 
SOLD OUT

閑中閑本 第拾九冊 山野雑草帖

前川千帆
日本愛書会  昭和32年(1957) 
¥5,000

閑中閑本 第二十冊 街頭雑音帖

前川千帆
日本愛書会  昭和32年(1957) 
¥5,000

閑中閑本 第二十一冊 張子だるま帖

前川千帆
日本愛書会  昭和33年(1958) 
SOLD OUT

閑中閑本 第二十二冊 蝦夷風物帖

前川千帆
日本愛書会  昭和33年(1958) 
SOLD OUT

閑中閑本 第廿三冊 富士景観帖

前川千帆
日本愛書会  昭和34年(1959) 
SOLD OUT

閑中閑本 第廿六冊 野外小品帖

前川千帆
日本愛書会  昭和35年(1960) 
¥5,000

オススメ

戸張孤雁「小田原妓楼」

木版 45.7×32.2cm(イメージサイズ) 1枚 
大正10年(1921)
SOLD OUT

平塚運一「寂光院道しるべ」

木版 36×28cm(シートサイズ) 1枚 
昭和35年(1960)
SOLD OUT

萩原英雄「たんぽぽの詩」

木版 30×25cm(イメージサイズ) / 58×45.5cm(額サイズ) 1面 
平成7年(1995)
SOLD OUT

会津本郷末窯抄 宗像獨悟

岡村吉右衛門
昭和31年(1956)  31頁 
SOLD OUT

オススメ

橋本興家「朝顔と少女」

木版 39.5×54.5cm(イメージサイズ) 1枚 
昭和31年(1956)
¥50,000

オススメ

橋本興家「竹林五月」

木版 73×51.5cm(イメージサイズ) 1枚 
昭和37年(1962)
SOLD OUT

橋本興家「縞衣の少女」

木版 74.8×51.8cm(イメージサイズ) 1枚 
昭和31年(1956)
¥70,000

橋本興家「静物(野菜)」

木版 39.5×39.5cm(イメージサイズ) 1枚 
昭和31年(1956)
¥30,000

橋本興家「白牡丹」

木版 46.5×57cm(イメージサイズ) 1枚 
昭和21年(1946)
¥50,000

橋本興家「WORK 1981年 NO.3(青)」

木版 54×42.5cm(イメージサイズ) 1枚 
昭和56年(1981)
SOLD OUT