ブログ

【新入荷】田中保 谷内六郎 平塚運一 梅原龍三郎作品/浮世絵関連書籍

藤田嗣治(レオナール・フジタ)と並び、エコール・ド・パリの日本人画家として知られる洋画家・田中保の素描に、谷内六郎平塚運一梅原龍三郎の版画他、浮世絵関連の書籍が入荷しました。

婦人像(仮題) / 田中保
婦人像(仮題) / 田中保

 

幼な心の四季 / 谷内六郎
幼な心の四季 / 谷内六郎

 

寂光院参道 / 平塚運一
寂光院参道 / 平塚運一

 

座る裸婦 / 梅原龍三郎
座る裸婦 / 梅原龍三郎

 

▽ 書籍
浮世絵 大武者絵展

没後150年 歌川国芳展

最後の天才浮世絵師 月岡芳年展

別冊太陽 没後120年 月岡芳年 幕末・明治を生きた奇才浮世絵師 / 岩切友里子監修

和漢百物語 月岡芳年

謎解き浮世絵叢書 月岡芳年 和漢百物語 / 町田市立国際版画美術館監修

謎解き浮世絵叢書 月岡芳年 魁題百撰相 / 町田市立国際版画美術館監修

謎解き浮世絵叢書 月岡芳年 風俗三十二相 / 町田市立国際版画美術館監修

浮世絵 ベルギーロイヤルコレクション展

ヴィクトリア アンド アルバート美術館所蔵 初公開 浮世絵名品展

美人画 Edo Beauties in Ukiyo-E ジェームス・A・ミッチナーコレクション

ボストン美術館 浮世絵名品展

新訂 浮世絵の基礎知識 / 吉田漱

 

山田書店美術部では、浮世絵や版画、絵画、書画、古書古本などの買取をしております。
出張、宅配便でお送りいただくなど、様々な方法がございますので、お気軽にご相談ください。
買取方法の詳細につきましては下記のページをご覧ください。
【買取のご案内】 http://www.yamada-shoten.com/kaitori.php

メカニックデザイナー 大河原邦男展(上野の森美術館)

今週末で終わってしまう”メカニックデザイナー 大河原邦男展”(上野の森美術館)、、、実はかなり前に行っていたのにすっかり書き忘れてました(・・;)

メカニックデザイナー 大河原邦男展(上野の森美術館)

日本初のメカニックデザイナーとして、今なお活躍し続ける大河原邦男氏の、40年以上にわたるキャリアを振り返る大規模な展覧会です!
「ガンダム」シリーズは言うに及ばず、大河原氏のロボットは誰もが一度は目にしたことがあるのではないでしょうか!!

美術館の横には大河原氏の手掛けたロボットの大きさを比較するパネルが展示されてます。

展示を見ていると業績の数々が凄すぎて、これだけのアイディア、イマジネーションが一人のデザイナーから生み出されていることが信じられません(*゚∀゚)
どれもこれも見たことのあるものばかりでしたが、「ドラえもん のび太の宇宙開拓史」の宇宙船もデザインされていたとは知りませんでした!
来場された方々も思い入れのあるロボットについて熱心に語っていらっしゃいました。
 
私もガンダムはもちろんのこと、高橋良輔監督の作品が好きなので、「太陽の牙ダグラム」、「装甲騎兵ボトムズ」、残念ながら場内に展示はありませんでしたが、「機甲戦記ドラグナー」、「魔動王グランゾート」など、お世話になった作品を挙げていったらキリがありません(*゚∀゚)
唯一の不満は、ダグラムでは皆大好き(?)ブロックヘッドまで展示があったのに、ボトムズでは展示がスコープドックだけだったこと!スタンディングトータスが見たかったヽ(`Д´)ノ
 
展覧会最後の展示は、撮影可なロボット屏風的なパネルに、デザインを担当した超小型電気自動車「マキナ」があります。

 

見終わったら、久しぶりにプラモデルを作りたくなりました(*^o^)b
立体中心の展覧会が行われて欲しいですね~♪

written by Teru

————————————-
上野の森美術館
メカニックデザイナー 大河原邦男展(→公式サイト

会期2015年8月8日(土)~ 2015年9月27日(日)
会期中無休 開館時間10:00 ~ 19:00
〒110-0007 東京都台東区上野公園1-2
————————————-

第8回 EDO ART EXPO

山田書店美術部ギャラリーは、明日9/25(金)より中央区、千代田区、港区、墨田区内で開催されるイベント“第8回 EDO ART EXPO”に参加します。

-ごあいさつ- ※第8回 EDO ART EXPO公式ページより
NPO法人東京中央ネットでは、既存の建物をパビリオンに見立て、江戸から続く伝統や文化、歴史を紹介する「EDO ART EXPO」を毎秋に開催してまいりました。本年で8回目をむかえたこの事業は、中央区、千代田区、港区、墨田区の名店、企業、ホテル、神社仏閣や文化・観光施設などが協力して催す一大イベントです。
「EDO ART EXPO」は「江戸の美意識」をメインテーマに、浮世絵を展示する「浮世絵展示会場」、「江戸」に関わる所蔵品を有する美術館、博物館、大学などが「関連展示会場」となり、幅広い連携のもとに開催してまいります。
また、会期中は、さまざまなイベントやワークショップ、各種ラリーなどを約60の会場で行い、楽しく充実した19日間をご提供したいと思っております。
ご来訪の皆さまには、江戸のDNAを受け継いだ「EDO ART EXPO」のエリアを回遊して、その奥深い魅力をご堪能いただければと願っています。

 
開催期間中は、美人画の展示などを行う予定ですので、よろしくお願い致します。

第8回 EDO ART EXPO

« 古い記事