ブログ

【新入荷】麻田浩 門田奈々自筆画

洋画家・麻田浩と、イラストレーターとしても活躍する現代アーティスト・門田奈々の自筆画が入荷しました。

 

自筆画 / 麻田浩
麻田浩「自筆画」

日本画家・麻田辨自を父に、麻田鷹司を兄に持つ麻田浩は、昭和6年(1931)京都に生まれ、昭和46年から昭和57年まではパリを拠点に活動し、サロン・ドートンヌ会員に推挙される等、絵画・版画共に高い評価を受けました。
帰国後は京都龍安寺にアトリエを構え、新制作展等で活躍しましたが、平成9年アトリエで自ら命を絶ちました。
緻密で繊細なタッチで描かれた詩的で静謐な心象風景からは、麻田の絵画に込めた深い精神性を感じずにはいられません。

麻田浩

 

 

自筆画 紅白椿 / 門田奈々
門田奈々「自筆画 紅白椿」

門田奈々は昭和55年(1980)生まれの女性アーティスト。
東京藝術大学を卒業し、現在は熊本県在住。
イラストレーターとしても活躍し、鮮やかな色彩でしなやかな女性像を描き上げています。

魅惑のニッポン木版画(横浜美術館)

魅惑のニッポン木版画展(横浜美術館)

先日、横浜美術館で開催されている「魅惑のニッポン木版画」展に行ってきました。

横浜美術館

魅惑のニッポン木版画展(横浜美術館)

この展覧会は“ニッポン木版画”とあるように日本の木版画文化を、幕末から現代まで辿ってゆきます。

はじめの浮世絵や千代紙、かるたに団扇、足袋の型紙など、庶民の生活の中に息づいていた幕末・明治の木版画から、西洋由来の印刷技術に取って代わられたものの芸術表現として再評価を受けることになった“創作版画”、“新版画”の興隆、棟方志功、斎藤清らの活躍により芸術の一分野として確固たる地位を築きあげた1950年代以降から、木版画の新たな可能性を模索する現代の作品群へと連なる大きな流れを観て、感じることができるのではないでしょうか。

作品で印象に残ったのは、長谷川潔の「函館港」(1917)。
“マニエール・ノワール”の印象が強い長谷川潔の木版画自体あまり観たことがなかったのですが、この作品は全くの初見(*゚‐゚)
不穏ささえ感じる重たい全体の色調と空の描写に対して、海の清澄な青さと水面の反射、もしくは小波のように見える版の木目が際立って美しく感じられました。

それと不勉強ながら名前さえ存じ上げなかったのがエマ・ボーマン!
後で調べてみるとオースリア出身(1887-1974)の女性版画家で、ヨーロッパ、アメリカ、アジアを巡って作品を描いていて、日展にも入選しているとのことで驚きましたヽ(`Д´)ノ
展示されていたのは千葉の川崎製鉄所と、二重橋の前で行われている出初式の様子を描いたもの。
どちらも黒一色で摺られていて、木口木版と思ってしまうほどの細密さと、木版らしいシンプルな造型が同居しているのが面白いですね(´∀`)

日本の木版画の理解が深まる展覧会なので、是非行ってみてください。

図録は竹久夢二の千代紙(木版ではありません)が貼ってあるかわいいデザインです。
「魅惑のニッポン木版画」展図録

written by Teru

————————————-
横浜美術館
「魅惑のニッポン木版画」(→公式サイト

会期2014年3月1日(土)~ 2014年5月25日(日)
毎週木曜日休館 開館時間10:00 ~ 18:00
〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1
————————————-

【新入荷】池田満寿夫 山中雪人 柳原義達 清塚紀子 灘本唯人作品

日本を代表するマルチアーティスト・池田満寿夫と彫刻家・柳原義達、イラストレーター・灘本唯人らの版画作品に、日本画家・山中雪人の自筆画、版画家・清塚紀子のミクストメディア作品が入荷しました。

池田満寿夫「天女乱舞・D」
天女乱舞・D / 池田満寿夫

 

池田満寿夫「顔の中の女・4」
顔の中の女・4 / 池田満寿夫

 

山中雪人「自筆画 釈尊図(仮)」
自筆画 釈尊図(仮) / 山中雪人

 

柳原義達「裸婦」
裸婦 / 柳原義達

 

清塚紀子「「航跡1989」シリーズより」
「航跡1989」シリーズより / 清塚紀子

 

灘本唯人「作品」
作品 / 灘本唯人

« 古い記事