ブログ

民藝 MINGEI -Another Kind of Art展(21_21 DESIGN SIGHT)

先日、21_21 DESIGN SIGHTで開催されている「民藝 MINGEI -Another Kind of Art展」を見てきました♪

民藝 MINGEI -Another Kind of Art展(21_21 DESIGN SIGHT)

【概要】※本展解説より
1925年、民衆の用いる日常品の美に着目した柳宗悦(1889-1961)が、無名の職人たちによる民衆的工芸を初めて『民藝』と名づけました。
民藝の特徴でもある風土や風習を生かしたものづくりは、世代を超えて受け継がれていくなかで、素材、色、工程、用途、形などの独自性が際立ち、革新的で衝動的な、枠に捉われない創意工夫へと発展していきました。
地域ごとの特色が失われ、ものへの愛着が希薄になりがちな時代だからこそ、民藝に宿る無垢な美意識と精神性は、使い手のみならずものづくりに携わるすべての人々に大きな衝撃を与え、新しい時代のエネルギーを生み出すきっかけとなるのではないでしょうか。
本展では、日本民藝館館長を務める深澤直人が、同館の所蔵品から146点の新旧さまざまな民藝を選び抜き、素直にその魅力を語るコメントとともに展示します。また、民藝のつくり手やそれを伝える人の暮らしと仕事を捉えた映像、深澤直人の個人コレクション、民藝の新たな表情を映し出す写真によって、現代に生きる民藝の姿を紹介します。
さらに、柳宗悦が著した「日本民藝館案内」や心の内を短い句で表現した「心偈(こころうた)」、柳宗理がレイアウトを手がけた機関誌『民藝』の表紙、民藝運動初期のものづくりの様子が収められた「民藝運動フィルムアーカイブ」などを通して、民藝の歩みを振り返ります。
最後に、日本各地で民藝を受け継ぐ現代のつくり手による品々も紹介し、これからのデザインのインスピレーションとなる「Another Kind of Art =民藝」を紐解いていきます。

 
21_21 DESIGN SIGHT外観
東京ミッドタウン(六本木)の敷地内にある21_21 DESIGN SIGHT。
1階はミュージアムショップで、展示は地下で行われています。

今回の展示では、染色家 柚木沙弥郎と陶芸家 ルーシー・リーを除くと、濱田庄司や河井寛次郎芹沢銈介棟方志功など、民藝を代表する作家による作品の展示はなく、殆どが無名の作家の手によって作られたもの。
また展示された作品の殆どには一切のキャプションがなく、入場時に渡された出品リスト以外に情報がない状態で作品と向き合うことになります。
本展の最終盤に、柳宗悦の「今 見ヨ イツ 見ルモ」(いつでも新鮮な初めての時と同じ思いでものを見ること)という言葉が掲示されていますが、まさに先入観を持たずに展示と向き合うことが正しい見方なのだと感じました(´∀`)
卵の殻を模様に用いた卵殻貼重箱や、鮮やかな手仕事に溜息が出そうな菱刺したっつけなどが個人的に気になりました。

また、映像作家・岡本憲昭さんによる、いまの民藝の作り手たちの制作風景や、それらを発信する役割を担う方々のインタビューなどを撮った、30分の映像作品も上映されてます。
そこの解説には、「作り手やその魅力を伝える人の暮らしの中にこそ、民藝の精神は宿っている。」と書かれていましたが、映っている人たちが、景色が、生活が魅力的に感じられるから、作品も魅力的なのでしょうね!

下記は来週末までなのですが、お近くの方は是非ヽ(`Д´)ノ


張り子ってどうしてこんなに素朴で愛らしいのか (´∀`=)

written by Teru

————————————-
21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2
民藝 MINGEI -Another Kind of Art展(→公式ページ

会期:2018年11月2日(金)~ 2019年2月24日(日)
開館時間:10:00~19:00 休館日:毎週火曜日
〒107-6290 東京都港区赤坂9-7-6 東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン内
————————————-

世界のブックデザイン2017-18(印刷博物館)

先週末に印刷博物館で開催されている「世界のブックデザイン2017-18」展を見てきました(*^o^)

世界のブックデザイン2017-18

【概要】※本展解説より
毎年3月のライプツィヒ・ブックフェアで公開された「世界で最も美しい本コンクール」の入選図書とともに、日本、ドイツ、オランダ、スイス、オーストリア、カナダ、中国の7つのコンクールで入賞した、優れた書籍約200点を展示します。
2018年の「世界で最も美しい本コンクール」には33の国と地域から約600点が応募され、金の活字賞はスイスの本が受賞しました。これら各国コンクールの受賞作は、実際にお手にとってご覧いただけますので、各国のブックデザインおよび造本技術の水準を実感していただけます。P&Pギャラリーで、「世界で最も美しい本コンクール」受賞図書の紹介を始めて今年で11年目になります。これまでの上位賞受賞図書を中心に、10回分のコンクールを振り返ります。

色々な国の優れたデザインの本が解説付きで手にとって見ることのできるので、すごく面白かったです!
どの本も凝っていて素晴らしいのですが、個人的に気になった本をご紹介させていただきます(*^ェ^*)

『中世ふしぎ絵巻』文:西山 克 画:北村さゆり(ウェッジ/2017年)
横長の絵巻物が縦長のB5判に収められた秀逸な造本でした。横長の変形版は本棚に収めにくいのが悩みどころですが、その点を見事に解消されてますね!手にとってビックリしました!!

『リブシェ・ニクロヴァー』(2012年)
チェコの女性デザイナー、リブシェ・ニクロヴァー(1934-1981)のとってもかわいいビニールトイたちの作品集。表紙も中身も背表紙までもレトロポップな可愛い本でした(´∀`)

『The Ghost Box』(2017年/Hingston&Olsen Publishing)
カナダの小さな出版社の本。黒を基調とした箱の中に、11人の作家の短編がそれぞれ独立した薄い小さな冊子で収められています。短編を一冊にまとめず、独立している感じがとても素敵だと思いました。短編集の中の一話が特別なものになる事って多いですよね♪

『The Sheep and the Goats』R.J. Kern(2018年/Kehrer Verlag)
ヒツジとヤギの写真集。頭からめくるのではなく、真ん中で開いて、左をめくっていくとヒツジの、右をめくっていくとヤギの写真集となっているユニークな構成の本です。

『NEW HORIZONS』(2014年/The Eriskay Connection)
オランダの写真家Bruno van den Elshout写真集。辞書のような箱の中に収められているのは、表紙も背もない212頁、重さ3.5kgの白い紙の塊のような本。中身も水平線の写真のみで、一切文字がなく、極限まで削ぎ落とされたシンプルで澄みきった美しさが感じられました(*゚∀゚)

電子書籍が増えつつある中で、モノとしての本の可能性を感じさせてもらえる素晴らしい展覧会ヽ(`Д´)ノ
こちらの展示だけなら無料で見ることができますので、是非ご覧になってみてください!

written by Teru

————————————-
印刷博物館
世界のブックデザイン2017-18(→公式ページ

会期:2018年12月15日(土)~ 2019年3月31日(日)
開館時間:10:00~18:00 休館日:毎週月曜日
〒112-8531 東京都文京区水道1-3-3 トッパン小石川ビル
————————————-

弦屋光溪展開催中 ※12月1日(土)まで

当社もご協力させていただいている版画家・弦屋光溪の個展が、本日11月26日(月)より文房堂ギャラリー(神田神保町)にて始まりました!

2000年を最後に終了した大首絵シリーズから、最新作となる”万歳浮世絵派五姿”の第二作「歌川国芳 人かたまりで国芳の顔」までを展示しております。
”現代の写楽” 弦屋光溪の作品をこの機会に是非お楽しみください。

弦屋光溪展初日
▲展示作品を背に立つ在廊中の弦屋光溪氏をパシャッ(´∀`)

————————————-————————————-
弦屋光溪展
開催期間:11月26日(月)~12月1日(土)
開廊時間:11:00~18:00 ※最終日は17:00まで
会場:文房堂ギャラリー(東京都千代田区神田神保町1-21-1 文房堂4F)

« 古い記事